日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

  • ホーム HOME
  • 学会について ABOUT US
  • イベント EVENTS
  • 刊行物 PUBLICATIONS
  • 入会案内 ADMISSION GUIDE

日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

お知らせ

  • トピックス

    2017/07/26

    ニュースの見出しから(7/4~7/23)

    ◇ JOC選手強化本部長に山下氏=東京五輪へ「燃え尽きるつもりで」(7/04 時事) ◇ 史上最多3...

  • イベント

    2017/07/24

    【終了】第40回スポーツ産業学セミナー 「国内スポーツ総生産(GDSP)を考える」

    国内総生産(GDP)の概念は時代とともに変化し、グローバル化やサービス化・ソフト化はGDPの把握を難しくしています。スポーツ関連産業の経済規模を示す指標としてのスポーツ関連国内市場規模は国内スポーツ総生産(GDSP)とは一致しません。GDSPの具体的な構成要素を提示してみると、公表されているGDSPには計測されていない勘定項目が数多く存在します。また、GDPの概念を変えれば、GDSPはさらに拡大することになります。

    そして、スポーツイベント開催等の経済波及効果、その経済的レガシー効果の推計に長年携わってきた経験から、それらの利点のみならず、課題や問題点を整理していただきます。最後に、政策策定のインフラというべき経済統計の劣化を指摘され、今後の統計整備についての提言がなされます。

    スポーツに関わる全ての方々にとってたいへん有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • トピックス

    2017/07/17

    Sports Business JAPAN 2017「大学生アイデアコンペ」募集要綱

    1.趣旨:  日本スポーツ産業学会では、Sports Business JAPAN 2017の開催に...

  • トピックス

    2017/06/27

    ニュースの見出しから(6/19~26)

    ◇ 性同一性障害の会員和解=スポーツクラブが配慮約束-京都地裁(6/19時事) ◇ JR西 フリース...

  • トピックス

    2017/06/19

    ニュースの見出しから(6月12~18日)

    ◇ イスラム女子にコスプレ流行 ヒジャブで「盛り髪」(6/12 withnews) ◇ 東京なのに五...

  • イベント

    2017/06/19

    【終了】SPORTECシンポジウム

    「大学スポーツと企業のこれからの関係」

  • トピックス

    2017/06/12

    ニュースの見出しから(6月1~11日)

    ◇ 20年名古屋場所、早めの開催 五輪考慮し、大相撲(6/1共同) ◇ サッカー  プレミア分配金は...

  • イベント

    2017/05/30

    【終了】日本スポーツ産業学会第26回大会企画コンペ「スポーツ庁長官にアイデアを披露しよう!」

    日本スポーツ産業学会では、昨年実施した「スポーツ政策提言コンペ」をさらに発展させて、「スポーツ産業の活性化」をテーマに企画コンペを実施します。 ①スポーツイベントスポンサーシップの活性化 ②新規ビジネスモデルの提案 ③その他自由提案 など、「スポーツ産業活性化」に向けたアイデアを募集し、優秀なアイデアを公表・表彰します。 コンペお申込みは、下記からお問い合わせいただくか、直接以下にメール送付くださいますようお願い申し上げます。

  • トピックス

    2017/05/30

    「スポーツ庁長官にアイデアを披露しよう!」

    日本スポーツ産業学会第26回大会企画コンペ 7月15~16日に行われる学会大会において、「スポーツ産...

  • イベント

    2017/05/27

    【終了】第39回日本スポーツ産業学会セミナー  Fun Runを読み解く!~1万人を集めるColor Me Rad~

    2012年に、アメリカユタ州の大学生がスタートさせた、カラーパウダーをまとい、カラフルに染まって走るイベントがColor Me Rad(以下、CMR)です。2014年に初めて日本に上陸して以来、特に10代~20代の女性を中心に1万人を集めるイベントとして全国各地で開催されてきました。ランニングイベントの一つとして近年、Fun Runが人気を集めていますが、その先駆的な存在といえます。 今回のセミナーでは、日本上陸に中心的な役割を果たした、CMR元レースディレクターである佐竹美帆氏に、日本開催や日本事務局を担当することとなったいきさつ、ビジネスとしてのCMR、10代、20代の流行に敏感な女性にウケた背景なども含め、なかなか、データや情報として表に出ることが無いFun Runの人気を読み解くのにも参考になるお話をしていただきます。

2 / 10123次へ10次へ最後 »

ページトップへ