日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

  • ホーム HOME
  • 学会について ABOUT US
  • イベント EVENTS
  • 刊行物 PUBLICATIONS
  • 入会案内 ADMISSION GUIDE

日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

お知らせ

  • イベント

    2018/01/18

    【終了】第44回スポーツ産業学セミナー 「地域スポーツクラブ経営の実践事例-浦和レッズと一緒に始まった浦和スポーツクラブのその後と現在」

    このたび、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 1995年12月第7回髙円宮杯(U15)で優勝を飾ったのは、浦和レッズと同じユニフォームを着た浦和スポーツクラブのジュニアユースチームでした。翌1996年3月には共同関係を解消し、浦和スポーツクラブは完全に市民クラブに移行し、現在、会員約1200名、年間予算約4000万円(ほぼ会員の会費)の自主財源で運営する地域スポーツクラブとして、活動を継続しています。 この浦和スポーツクラブの理事長を務める小野崎研郎氏が、リーグ有数の観客動員を誇る浦和レッズの足元で、地域スポーツクラブのあるべき姿を20年間模索しながら国内のスポーツクラブの経営(運営)について感じてきたことをお話しします。 スポーツに関わる全ての方々にとってたいへん有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • イベント

    2017/12/11

    【終了】第43回スポーツ産業学セミナー ~PERFROM Groupとの契約によって変化した映像ビジネス~

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 Jリーグは動画配信大手の英パフォームグループと2017年から10年間の放映権契約を結ぶと正式発表しました。契約金額は総額2100億円強と年間ベースで現在の7倍に跳ね上がりましたが、パフォームは格安の料金で試合を中継しています。カラクリは映像の受け皿。スポーツ視聴の魅力を高める「ライブ」に強いスマートフォンが、従来のテレビに代わって主役になったからです。Jリーグの巨額契約は日本の映像ビジネスの転換点を象徴しているのではないでしょうか。 今回、Jリーグの映像管理や公式データ制作等を担うJリーグメディアプロモーションと公式映像制作を担うJリーグデジタルに所属する岩貞和明氏を講師にお迎えして、 映像ビジネスの変化について語って頂きます。 スポーツに関わる全ての方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • イベント

    2017/12/11

    【終了】日本スポーツ産業学会第5回冬季学術集会のご案内

  • トピックス

    2017/12/11

    第5回冬季学術集会参加申込フォーム

    ...

  • イベント

    2017/12/08

    【開催延期のお知らせ】学生と企業のための「スポーツビジネスサロン」第2回

    ~ビジネスの最前線から、「スポーツを仕事に」 を考える~ 〔定員40名:先着順〕

  • イベント

    2017/11/28

    【終了】【第42回】北海道日本ハムファイターズの凄い新スタジアム構想! 〜北海道の誇りになるオンリーワン&ナンバーワンスタジアムとは?〜

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 北海道日本ハムファイターズの新球場構想の発表に、球界はもとより、スポーツ業界、関係者から 大きな注目が集まっています。これまで国内では、スタジアムは自治体が建設し、スポーツチームが "利用"するというモデルが一般的でしたが、これまでのモデルとは異なり、プロ野球球団が主導し、 国際競争力を有する「ライブ・エンターテイメントタウン」への変革という構想があるそうです。 今回、このプロジェクトを率いる前沢賢 氏 を講師にお迎えして、 その構想を語って頂きます。 スポーツに関わる全ての方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • イベント

    2017/11/09

    【終了】【第41回】学生の手で大学スポーツの賑わいを生み出す  ー東京六大学野球ゼミナールの試みー

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。

    東京六大学野球ゼミナールは、東京六大学野球連盟を舞台にした学生有志(野球部に所属していない学生)による新たな試みです。大学スポーツのマネジメントでは、大学ごとのマネジメントに注目が集まっていますが、東京六大学野球ゼミナールは、大学スポーツのもう一つの車輪となる種目協会主導の取り組みです。

    ゼミナールは、東京六大学野球という学びの場を、「野球やスポーツの場での体験を通じて学びたい」と考えている学生に広く開放することを目的に始まりました。2016年の春季リーグから具体的な活動を始め、2017年には具体的に様々な活動を展開しました。

    ゼミナールでは、3年時に実務家の講義や、学生、リーグ観戦者等を対象にした調査の結果を参考に、リーグを活性化するための方策を検討しました。2017年度は、練ってきたアイディアをもとに、具体的な取り組みを展開し、観客数の増加やリーグの賑わい増加に対して実質的な貢献を行い、各種メディアにも注目されてきました。

    本セミナーでは、これらの活動を主導してきた浅井玲子氏(法政大学野球部OB)からゼミナールの具体的な取り組みやその成果についてご紹介頂くと共に、ゼミ生からもどのような想いで参加し、どのような経験ができたのかに説明頂きます。

    大学スポーツの現場の方に限らず、学生との連携を行っていたり、希望したりする方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • イベント

    2017/11/08

    【終了】緊急シンポジウム「スタジアム&アリーナの新展開」【定員に達したため募集を終了しました】

    IT環境を中心とした米国スタジアム&アリーナの最新動向を報告します!!

  • イベント

    2017/10/30

    【終了】学生と企業のための「スポーツビジネスサロン」第一回【要申込&参加費無料】

    ~ビジネスの最前線から、「スポーツを仕事に」 を考える~ 〔定員40名:先着順〕

  • トピックス

    2017/10/01

    「大学スポーツ改革と産業の関係性」第1回日本スポーツ産業学会・関西セミナー【報告】

    2017年10月1日(日)。大阪・追手門学院大阪城スクエア大手前ホールにて、第1回日本スポーツ産業学...

2 / 12123次へ10次へ最後 »

ページトップへ