日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

  • ホーム HOME
  • 学会について ABOUT US
  • イベント EVENTS
  • 刊行物 PUBLICATIONS
  • 入会案内 ADMISSION GUIDE

日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

お知らせ

  • トピックス

    2015/04/02

    第24回学会大会お申し込み参加受付フォーム

    学会大会への参加お申し込みは以下フォームからお願いいたします。 学会に関する詳細情報はこちらでご確認...

  • イベント

    2015/02/23

    【終了】第25回スポーツ産業学セミナー『どん底からの復活!~平成の大横綱・貴乃花が語る大相撲改革とは~』

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 2015年1月25日に千秋楽をむかえた大相撲初場所は18年ぶりに15日間大入りを達成。 懸賞本数は過去最高の1625本、千秋楽結びの白鵬-鶴竜の一番には史上最高となる 61本もの懸賞が懸けられ、「スージョ(相撲ファンの女子)」なる新語が生まれるなど、 大いに盛り上がっている大相撲。相次ぐ不祥事で遠のいた客足をいかにして取り戻したのか? そしてさらなる改革案は?現在日本人最後の横綱であり、日本相撲協会総合企画部長など 数々の要職を務める貴乃花部屋・貴乃花光司親方にお話しを伺います。 スポーツに関わる全ての方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • イベント

    2015/02/03

    【終了】第24回スポーツ産業学セミナー『2020年に向けて躍動する日本のベンチャースピリット』

    今回のスポーツ産業学セミナーはベンチャーキャピタルの日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表の村口和孝さんにお話しいただきます。ベンチャーキャピタルは未上場企業に投資し、その企業を経営指導して成長させる会社です。 2020年のオリンピック・パラリンピックは成熟都市TOKYOでの開催となります。復興をとげ、高度成長を加速させた前回の1964年大会と比較すると、パワーやエネルギーが感じられない、というのが正直なところではないでしょうか。しかし、ベンチャーという言葉がなかった時代に我々日本人はあれだけのものを作り、遺しました。2020年に躍動するのはアスリートだけではありません。20世紀を支えた組織人サラリーマンではなく、21世紀に入り、独立精神を持つ個性的な個人の、無名な若者起業家が、未知なフロンティア事業に、ゼロから挑戦し、ジョブメイカーが多く誕生しています。日本を代表するベンチャーキャピタリストが2020年に向かって、日本と世界がどう変わっていくかを熱く語ります。スポーツ産業のすそ野の広さを認識する良き刺激になると思います。

  • イベント

    2014/12/18

    【終了】日本スポーツ産業学会冬季学術集会

  • イベント

    2014/12/09

    【終了】第23回スポーツ産業学セミナー『筋書きのないドラマ“スポーツ”を通じて人間の面白さを伝える!~「Number」のこれまでとこれから~』

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 講師に国内No.1スポーツ総合誌「Sports Graphic Number」の編集長を務める 松井 一晃 氏 をお迎えし、これまでの歩みとこれからの事業展開についてお話しを伺います。 1980年4月に日本初のスポーツ総合誌として創刊後、常に新たなジャンルを切り開いてきた「Number」が次に目指すものとは。 スポーツに関わる全ての方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

  • トピックス

    2014/12/04

    日本スポーツ産業学会第24回大会開催校変更について

    日本スポーツ産業学会運営委員長 北村 薫   本年7月に一橋大学で開催されました第24回総会において...

  • イベント

    2014/11/25

    【終了】第22回日本スポーツ産業学セミナー『ボールを通じて、世界をより楽しく~サッカーボール市場に起業し、市場シェア4位になるまで~』

    今回のスポーツ産業学会セミナーは、株式会社イミオ代表取締役社長の倉林啓士郎さんをお招きして、大手メーカーが独占するサッカーボール市場において起業後10年間でシェア4位となるまでのスポーツ用品ビジネスの実際と可能性、さらには株式会社イミオの経営戦略についてお話をお伺いします。倉林さんは幼い頃からサッカーに親しみ、東京大学経済学部に在学中に株式会社DeNAでモバイル新規事業を担当、その後ご自身で(有)グローバルトレーディングを起業されました。卒業後には、パキスタンからサッカーボール輸入を開始され、株式会社イミオを設立されました。株式会社イミオの企業理念は「商品に意味を」。事業は、サッカー・フットサル用品(ボール・ウェア・アクセサリー等)の企画・製造・販売をはじめ、遊休地や商業施設を活用してフットサルコートの企画・運営、さらにフットボールを様々な視点から多角的に伝え、フットボール文化を盛り上げるWEB&リアルメディア「FOOTBALL CULTURE MAGAZINE ROOTS」の運営などに取り組んでおられます。学生時代の起業から現在の経営戦略まで具体的なお話をお伺いすることで、スポーツ産業界に起業していく知恵を学んでいただけることと思います。

  • イベント

    2014/10/02

    【終了】第21回スポーツ産業学セミナー(笹川スポーツ財団共催)『早稲田アスリートプログラム(WAP)における修学・キャリア支援』

    早稲田大学では本2014年度より、体育各部学生の競技と学業の両立、キャリア支援等を目的として、早稲田アスリートプログラム(WAP)の運用を開始しています。 (公財)笹川スポーツ財団と日本スポーツ産業学会では、このプログラムを統括している同大学教授・競技スポーツセンター所長、土屋 純 先生をお迎えし、プログラムの目的、概要、方法についてお話をうかがう会を共同で開催することといたしました。 運動部員の修学との両立について努力されている大学関係者の皆様、インターンシップや企業説明会で大学運動部・部員との関係構築を検討していらっしゃる企業関係者の皆様に参加していただきたく、ご案内します。

  • トピックス

    2014/09/29

    【終了】2020TOKYOプロジェクト 研究公募について

    2014年9月吉日 2020TOKYOプロジェクト研究公募 日本スポーツ産業学会理事長 平田竹男 &...

  • イベント

    2014/08/01

    【終了】第20回日本スポーツ産業学セミナー『世界共通言語“サッカー”で国境を超える!~アルビレックス新潟の国際戦略~』

    この度、日本スポーツ産業学会では、標記のテーマについて下記の通りセミナーを開催致します。 講師にアルビレックス新潟シンガポールCEO、アルビレックス新潟バルセロナPresidentなどを務める 是永 大輔 氏 をお迎えし、アルビレックス新潟が進める様々な国際戦略についてお話を伺います。サッカーが強い、だけではないクラブづくりとは。スポーツに関わる全ての方々にとって大変有意義な内容ですので多くの方々のご参加をお待ちしております。

10 / 14« 先頭前へ91011次へ最後 »

ページトップへ