日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

  • ホーム HOME
  • 学会について ABOUT US
  • イベント EVENTS
  • 刊行物 PUBLICATIONS
  • 入会案内 ADMISSION GUIDE

日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

セミナー

スポーツ政策学生会議2021(Sport Policy for Japan 2021)参加チーム募集

スポーツ政策学生会議(Sport Policy for Japan;SPJ)は、大学生による日本のスポーツ政策やスポーツ産業振興策についての研究成果を発表し議論する場として2011年にはじまりました。学生同士スポーツ政策やスポーツビジネスについて議論し、またスポーツマネジメントやスポーツ政策の研究者やスポーツに関わる実務家による評価と表彰を行っています。昨年(2020年)の第10回大会では新型コロナウイルスの影響を受けて完全オンラインの大会となりましたが、20大学、52チーム、279人が参加し、四国大学が最優秀賞を獲得しました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響は続いておりますが、今年度のスポーツ政策学生会議は、10月23、24日に、会場での発表とオンライン発表のハイブリッド形式で開催する予定です。(ただし、新型コロナウイルスの感染拡大状況や、政府や都の方針などもふまえ、場合によっては完全オンラインでの大会となる可能性もございます。) 全国の学生の皆さんの参加をお待ちしております。

■新型コロナウイルスへの対応について
ご承知のとおり、新型コロナウイルスの感染拡大はいまだに収まることなく、現在、東京は3回目の緊急事態宣言下にあります。
こうした状況で各大学の施設を借りることは難しく、会場の確保に時間がかかりましたが、協賛社様の協力でなんとか会場を押さえるめどが立ちました。
これにより、今年度のスポーツ政策学生会議は、10月23、24日に、会場に集合しての対面とオンラインのハイブリッドで実施する予定です。
とはいえ感染状況は予断を許しませんので、開催時の状況によっては完全オンライン開催の可能性もございます点は、あらかじめご了承いただけますと幸いです。また、会場での参加につきましても、会場の定員との関係で制限をかけさせていただく可能性もございます。ご不便をおかけして誠に恐縮ですが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

日時 10月23日(土)、24日(日)
会場 オンライン(Zoomおよびウェビナー)と東京都内会場(確定し次第、ご連絡いたします)
主催 スポーツ政策学生会議(Sport Policy for Japan)企画委員会
日本スポーツ産業学会
後援 公益財団法人・笹川スポーツ財団
協賛 (株)協栄
参加資格 ・大学生であり、所属大学の指導教員が指導につくこと。
・学年、所属学部などとくに制限はありません。
・参加チームはゼミ単位でなくてもかまいません。
・グループの人数、指導教員1人あたりの参加グループ数にも上限はありませんが、参加する学生については必ずご登録のうえ、参加費をお支払いいただきますようお願いいたします。
・各チームから1名の代表者と、大会運営にご協力いただく運営委員を1名以上ご登録ください。
募集期間 2021年6月9日(水)~8月6日(金)
申込方法 下にあります「参加お申込みフォーム」よりお申込みください
参加費用 ■参加費:学生1名当たり1,000円※1
■審査費:1チーム当たり4,000円※2
※1 大会の運営費に充当します。
※2 審査費用に充当します。運営の安定と審査の充実のために昨年度より改定させていただきました。ご理解いただきますようお願い申し上げます。
※会計につきましては日本スポーツ産業学会の管理の元、厳正に運用いたします。
※以下の振込先にお振込みください。
※お振込みいただきました参加費につきましては、理由の如何にかかわらず、返金いたしかねますので予めご了承の程、お願い申し上げます。
振込先 きらぼし銀行 東伏見支店 普通 5019179
日本スポーツ産業学会 理事長 北村薫
※お振込みはチーム単位でまとめてお願いいたします。またお振込みはチーム代表者が行うか、そうでない場合もチーム名がわかるようにお願いいたします。
※誠に勝手ながら振込手数料は送金者負担にてお願いいたします。
お振込期限 2021年8月13日(金)
お問い合わせ先 お問い合わせやご相談はこちらまでお願いいたします。

日本スポーツ産業学会事務局 E-mail:jssi@spo-sun.gr.jp
■研究課題(テーマ)について

  • スポーツ文化の醸成、運動・スポーツに関わる課題の解決、もしくは運動・スポーツを活用した社会課題(※1)の解決に関するものとします。

  • スポーツ政策だけでなく、スポーツ産業振興の観点からスポーツの新しいビジネスモデルの提案なども含みます。


※1社会課題は健康や教育、経済、政治などジャンルは問いません。
※2「運動・スポーツ」についてもとくに限定的な定義はありません。ただし審査員から問われることはあるかもしれません。

研究課題(テーマ)の例

  • スポーツによる社会課題の解決

  • 大学スポーツの振興

  • 大学スポーツ参画人口の拡大

  • スポーツ施設政策

  • スポーツを支援する人々

  • アスリートのキャリア支援

  • 体育、部活動

  • スポーツイベント

  • 障害者スポーツ

  • 国民スポーツライフへの提言・提案

  • オープンデータの二次分析による政策提案※3

  • スポーツの新しいビジネスモデル提案

  • スポーツのソーシャルビジネス

  • その他


※3笹川スポーツ財団発行「スポーツライフ・データ」の元データを、こちらのリンク先から笹川スポーツ財団に申し込んで入手することができます。

また、以下の過去の大会の研究テーマも参考にご覧ください。

■審査方法

審査については基本的には例年のSPJと同様、提言要旨論文の審査と当日のプレゼンテーションの審査の2段階で行います。提言要旨論文の審査では企画委員会で選定した大学教員・研究者の方々にお願いいたします。

なお、例年通り審査員による評価・コメントはすべてのチームにフィードバックいたします。

■審査基準についてはこちらをご確認ください。

■提言要旨の作成方法については2018年のものですがこちらをご覧ください。提言要旨のフォーマットはこちらからダウンロードできます。

■SPJの前回大会(2020年)の様子についてはこちらをご覧ください。
Sport Policy for Japan | Facebook

■参考資料(過去のSPJの勉強会の資料を下記からご覧いただけます。)

 

■参加申込はこちらから

参加お申し込みフォーム


 

ページトップへ