日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

  • ホーム HOME
  • 学会について ABOUT US
  • イベント EVENTS
  • 刊行物 PUBLICATIONS
  • 入会案内 ADMISSION GUIDE

日本スポーツ産業学会 JAPAN SOCIETY OF SPORTS INDUSTRY

Sport Policy for Japan

Sport Policy for Japan 2019

Sport Policy for Japan(SPJ)は、大学生による日本のスポーツ政策についての研究成果と提言を持ち寄り、意見交換と交流を図る場です。また、スポーツ科学、スポーツマネジメント、スポーツ政策の研究者、外部有識者等による評価と表彰も行います。2011年の第1回大会から笹川スポーツ財団の主催によって開催されてきましたが、今年度は「Sport Policy for Japan企画委員会」と日本スポーツ産業学会の共催、笹川スポーツ財団後援のもとで開催されることとなりました。

SPJの前回大会(2018年)の様子についてはこちらをご覧ください。
https://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1534/Default.aspx
http://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1723/Default.aspx(受賞チームの発表の様子)

運営方針
・今年度より参加費・審査費をいただくこととなりました。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
・一方で運営費もできるだけ節約して持続可能な大会運営を目指します。
・大会会場は2日間確保しておりますが、参加チーム数によっては1日に集約して開催する可能性がございます。
・各参加チームから大会運営にご協力いただける学生を1名以上ご登録ください。将来的には学生自身による継続的な大会運営を目指します。
・参加チームの指導教員の方々に要旨論文の審査へのご協力をお願いする場合がございます。可能な範囲でご協力いただければ幸いです。

日時 2019年10月26日(土)・27日(日)  ※ただし参加チーム数によっては26日の1日開催になる場合があります。
会場 立教大学 池袋キャンパス 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3丁目34−1

(交通アクセス;https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
主催 Sport Policy for Japan企画委員会
日本スポーツ産業学会(運営協力)
後援 笹川スポーツ財団
参加資格 ・大学生であり、所属大学の指導教員が指導につくこと。
・学年、所属学部などとくに制限はありません。
・参加チームはゼミ単位でなくてもかまいません。
・グループの人数、指導教員1人あたりの参加グループ数にも上限はありませんが、参加する学生については必ずご登録のうえ、参加費をお支払いいただきますようお願いいたします。
・各チームから1名の代表者と、大会運営にご協力いただく運営委員を1名以上ご登録ください。
募集期間 2019年6月14日(金)~7月12日(金)
参加申込方法 下にあります「参加お申込みフォーム」よりお申込みください
参加費用 ■参加費:学生1名当たり1,000円※1
■審査費:1チーム当たり2,000円※2

※1 大会の運営費に充当します。
※2 審査費用に充当します。
※会計につきましてはスポーツ産業学会の管理の元、厳正に運用いたします。
※以下のお振込先にてお振込みください。お振込み期限は7月19日とさせていただきます。
※お振込みいただきました参加費、につきましては、理由の如何にかかわらず、返金いたしかねますので予めご了承の程、お願い申し上げます。
振込先 きらぼし銀行 東伏見支店 普通 5019179
日本スポーツ産業学会 理事長 北村薫

※お振込みはチーム単位でまとめてお願いいたします。また振り込みは代表者が行うか、そうでない場合もチーム名がわかるようにお願いいたします。
※誠に勝手ながら振込手数料は送金者負担にてお願いいたします。
お振込み期限 7月19日(金)
問い合わせ先 日本スポーツ産業学会事務局 E-mail:jssi@spo-sun.gr.jp
■参加申込

参加お申し込みフォーム


 

■審査方針について:

 審査については基本的には例年のSPJと同様、提言要旨論文の審査と当日のプレゼンテーションの審査の2段階で行います。なお、提言要旨論文の審査では企画委員会で選定した大学教員・研究者の方々にお願いいたしますが、参加申し込みされるチームの指導教官の皆さまにも審査にご協力いただく場合がございます。その際には可能な範囲でご協力いただけますと幸いです。

審査につきましては昨年のSPJのこちらもご参照ください。http://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1535/Default.aspx

■募集テーマについて

いわゆる「スポーツ政策」だけでなく、スポーツの産業振興の観点からスポーツに関する新しいビジネスモデルの提案なども含むものとします。


■募集テーマ・分野の例



  • スポーツによる社会課題の解決

  • スポーツ施設政策

  • スポーツ組織の課題解決

  • スポーツを支援する人々

  • アスリート

  • スポーツイベント

  • 体育、部活動

  • 障害者スポーツ

  • 国民スポーツライフへの提言・提案

  • オープンデータの二次分析による政策提案

  • スポーツの新しいビジネスモデル提案

  • スポーツのソーシャルビジネス


※笹川スポーツ財団発行「スポーツライフ・データ」の元データを、リンク先から笹川スポーツ財団に申し込んで入手することができます。

また、以下の過去の大会の研究テーマも参考にご覧ください。

■提言要旨の作成要領

提言要旨の作成方法については昨年のSPJのこちらをご覧ください。http://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1585/Default.aspx

■勉強会について

今年度は政策研究の勉強会は開催いたしません。

以下の昨年の勉強会の資料、動画等をご参照ください。

Sport Policy for Japan 2018 第1回勉強会「政策勉強会」https://www.ssf.or.jp/Portals/0/resources/spfj/2018/pdf/spj2018_0704_ht.pdf

Sport Policy for Japan 2018 第2回勉強会 http://www.ssf.or.jp/spfj/2018/tabid/1644/Default.aspx

ページトップへ